不動産・ビル管理|二俣川で不動産トラブルをさけるために!自己修繕になるのは?

【無料の企業PR広告】
■該当件数5件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
TOP > 不動産・ビル管理 > 株式会社トリニティーズ不動産

二俣川で不動産トラブルをさけるために!自己修繕になるのは?


二俣川の不動産業者によると、賃貸物件のトラブルが多いのは入居時よりも退去時だそうです。退去時には部屋の原状復帰や敷金の返還など、お金にまつわる問題が多く、それらが深刻なトラブルにつながりやすいと言われています。二俣川エリアで快適な賃貸ライフを送るためにも、不動産業者のアドバイスを参考にして、予想できるトラブルをシミュレーションしておきましょう。退去時においてとくに問題がこじれやすいのは、居室の修繕です。たいていの不動産規約では退去時に生じた修繕費用は敷金から差し引くとされていますが、中にはそれ以上の修繕費用を退去時に請求されるケースもあり、結果的に入居者のほうが泣き寝入りしてしまうことも少なくないようです。本来、経年劣化による壁の変色や破損などは自己修繕の対象外とされているため、当然、追加の修繕費用を支払う必要もありません。万一、あまりにも不自然なかたちで修繕費用を請求される場合はいったん支払いを留保し、不動産業者などの第三者に相談しましょう。なお、タバコによる床のこげつきやペットによる壁の破損などは二俣川エリアでも例外なく自己修繕の対象となりますので、退去時のことを考えて日頃から部屋をきれいに使うように心がけましょう。